40代位から始まります|更年期障害は婦人科がある病院を受診

女性特有の病気

中年女性

更年期とは、女性が閉経を迎える前後の年齢である45〜55歳位のことを指し、この時期に現れる自律神経失調症状などを更年期障害と呼びます。女性は更年期になると、卵巣の機能が低下していきます。これは加齢によるもので、誰にでも起こりうる減少です。それによって、卵巣から分泌されるエストロゲンというホルモンの量が減ります。エストロゲンが減ると、脳の自立神経に影響を及ぼし、自律神経失調症を引き起こしてしまいます。具体的には、頻尿になる、体がほてる、体が冷える、倦怠感やうつ状態などといった症状が見られます。このような症状が現れた場合、更年期障害である可能性が高いので、すぐに病院へ行くことをオススメします。

病院での治療は、まずは緻密な検査から始まります。更年期障害による症状は、カゼなどの症状とも似ているため、きちんと検査しないと、自分では判断が出来ません。そのため、必ず医療機関で診察を行ってもらい、更年期障害である、と断言してもらうということが重要です。更年期障害であることが分かったら、症状に合わせて治療に移ります。治療方法はいくつかありますが、まず、うつ状態などの精神的な症状の場合、生活習慣や環境を整えることが重要となります。気持ちを楽にすることと環境を変えて刺激を与えることで、脳が順応し、症状が改善される傾向にあります。また、ほてりや発汗などの身体的症状は、薬による治療が一般的ですが、それらも精神状態などを判断した上で、精神療法に切り替えることもあります。

Copyright © 2016 40代位から始まります|更年期障害は婦人科がある病院を受診 All Rights Reserved.