40代位から始まります|更年期障害は婦人科がある病院を受診

更年期に現れる症状

カウンセリング

心と体に現れる症状

女性は、50歳前半になると閉経を迎える事が多いでしょう。閉経を挟んだ約10年間を更年期と呼ぶのです。卵巣の機能が低下して、女性ホルモンの産出が急激に減少することで体や心に様々な症状が現れるようになるでしょう。ほてり、のぼせ、冷え、動悸、頭痛、めまい、イライラ、鬱状態、月経異常、しびれ、皮膚のかゆみ、疲れやすい、食欲不振などの更年期障害が現れることもあるのです。症状は人それぞれ違い、あまり感じない人もいれば寝込んでしまう程重く現れることもあるのです。この違いは性格、夫婦仲、職場環境などが関係しているのです。ポジティブ思考に変えたり、パートナーの理解を得るなどの努力によって症状が軽くなることもあるのです。

漢方によって改善

更年期障害を上手に乗り切るには、ストレスを溜めないことが大切でしょう。ストレスを抱えていると気持ちが不安定になり、症状が重くなることもあるのです。自分なりのリフレッシュ方法を見つけて、ストレス解消を心がけましょう。お風呂にゆっくり浸かったり、好きな事に没頭するなどはお勧めの方法でしょう。食生活を改善させる事も、更年期障害を軽くする方法の一つです。外食や加工食品ばかりを食べていると、栄養が偏ってしまうのです。女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボン、ホルモンバランスを整える亜鉛、ホルモンの分泌をスムーズに行うビタミンEなどが多く含まれている食べ物をとるといいでしょう。病院では、漢方によって更年期障害の症状を軽くする方法があるのです。副作用もなく安心して使用することができるでしょう。

Copyright © 2016 40代位から始まります|更年期障害は婦人科がある病院を受診 All Rights Reserved.