更年期障害は婦人科がある病院を受診するようにしましょう

閉経前後に起こる症状

寒がる女性

更年期障害は誰にもやってきますが、女性は閉経前後の40代から50代にかけて多く発症します。原因はホルモンの減少によるバランスの乱れです。若い頃から緑黄色野菜などビタミンEの多い食事をすることが大切です。また有酸素運動をすることによってストレスの解消をすれば、更年期障害を乗り切ることができます。

詳しくはこちら

女性特有の病気

中年女性

女性であれば、加齢による卵巣機能の低下は誰にでも起こりうる避けられないことです。更年期障害の症状が出てしまった場合でも、焦らず素直に受け止め、すぐに病院へ行くことが重要になってきます。

詳しくはこちら

更年期に現れる症状

カウンセリング

更年期障害とは、閉経を挟んだ約10年間の間に起きる症状なのです。心や体に様々な症状が現れるようになるでしょう。ストレス解消、食生活の改善、漢方などによって症状を軽くすることができるのです。自分に合った方法を見つけて試してみるといいでしょう。

詳しくはこちら

多くの女性が悩みます

笑顔の先生

40代位から始まります

妊娠、出産を行うために女性の体は女性ホルモンの分泌を行っています。女性ホルモンであるエストロゲンは一生のうちわずかティースプーン1杯しか分泌されないホルモンです。この女性ホルモンは閉経に向かう頃にはほとんど分泌がされなくなり、さまざまな体の変化を感じることになります。一般的に更年期と呼ばれる45歳から55歳程度の女性は女性ホルモンの分泌が減ることで何らかの体調の変化を感じています。この体調の変化が重症なものを更年期障害といい中には日常生活を困難にさせるほどの症状に悩まされます。主な症状の特徴としてイライラや気分の落ち込み、倦怠感、ホットフラッシュ、多汗、耳鳴り、不眠などさまざまです。

改善をする人も多くいます

更年期障害は人によっても日によっても症状の出かたに違いがあります。全く更年期に体調不良にならない人もいるため、全員が更年期障害になるわけではないのです。酷いひとは婦人科などに相談してホルモン療法などを行っている人も多くいます。対策をすることで、日常に支障がなく生活することが可能になるケースもあるため、今後も多くの女性がこうした対策を取り入れることでしょう。一昔前は更年期障害は仕方がないものと思われ、その時期が過ぎるまで耐えている人が多くいましたが、現代ではさまざまな治療の選択肢があるのです。更年期かも、と疑えるような症状が現れた際には、まず一度病院に言ってみましょう。婦人科だけでなく、一般的な内科や総合病院でも更年期の診察を行っています。更年期の治療は早めに行う事が重要で、早ければ早いほど症状も軽くなります。40代後半に近づいている方は、特に注意しておきましょう。

Copyright © 2016 更年期障害は婦人科がある病院を受診するようにしましょう All Rights Reserved.